前川製作所 技術研究所 R&D CENTER

ニュース news

TOP>ニュース

ニュース

2019年05月17日

発表履歴更新のお知らせ(2019年2月・3月分)

お世話になっております。
弊社社員による発表履歴を更新いたしました。
2019年2月・3月分で5件の更新がございます。

<題名>
・ マエカワの取り組み~NEDO水素社会構築開発事業より~
・「注目してますその技術」両面異物検査装置「W*GINGA」の紹介
・ 超電導ケーブルの安全性・信頼性の検討(7) ‐超電導ケーブル冷却用ブレイトン冷凍機実証試験‐
・ AI技術の食肉処理機械への活用について
・「おいしい冷凍食品の創製」実践基礎講座 食品凍結解凍プロセスのモニタリング技術

発表履歴はこちらからもご参照いただけます。
以上、よろしくお願いいたします。

2019年05月7日

5/15(水)休業のお知らせ

お世話になっております。
5/15(水)は前川製作所95周年 創立記念日につき
休業させていただきます。ご了承下さい。
今後とも前川製作所を宜しくお願い致します。

※本社、支店、営業所、工場(守谷、東広島、佐久)全体が休業となります。

2019年04月15日

4/27~5/6 長期休業のお知らせ

お世話になっております。
誠に勝手ながら、4月27日(土)から5月6日(月)まで
前川製作所は長期連休につき休業となります。ご了承ください。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

※本社、支店、営業所、工場(守谷、東広島、佐久)全体が休業となります。

2019年03月15日

サイエンスコラム:低温環境の利用技術(5)氷粒子とドライアイス粒子の粘弾性とその利用技術 掲載のお知らせ

岡山大学名誉教授 稲葉英男先生が執筆されたサイエンスコラム
「低温環境の利用技術 第5回 氷粒子とドライアイス粒子の粘弾性とその利用技術」
を掲載しました!
記事はこちらからご参照いただけます。
http://rdc.mayekawa.co.jp/column/no5i.shtml
是非ご覧ください。よろしくお願いいたします。

2019年03月15日

日本冷凍空調学会平成30年度「優秀講演賞」受賞 “CFDを用いた衝突噴流型食品用フリーザーの冷却性能評価“ の紹介

 2018年9月5日(水)~7日(金)、日本大学で開催された日本冷凍空調学会年次大会において、下記内容の発表を行い、「優秀講演賞」を受賞しましたので、ご報告いたします。

論文名:CFDを用いた衝突噴流型食品用フリーザーの冷却性能評価
受賞者:益田和徳
技術内容:
 エアブラスト式食品用フリーザーの冷却性能を正確に評価することは、機器の最適な熱設計を目指すにあたって重要な課題である。しかし、これらを把握するためには熱流体力学的に複雑な現象を取り扱う必要があり、従来のように実試験のみでは検証時間や費用などのコストが大きくなる問題点があった。そこで本研究では、衝突噴流を用いたフリーザーを対象として、CFD(Computational Fluid Dynamics)解析により冷却対象物の表面と流体である空気間の熱伝達率を算出し、さらにこれを境界条件とした熱伝導計算を行って凍結時間を予測した。また、CFD解析と同条件の実試験を行って冷却対象物の凍結時間を実測しそれぞれの結果と比較することで、CFD解析の精度向上と解析コストの低減を両立させるべく検証を行った。この手法を用いることにより、フリーザーの最適設計や食品表面での熱輸送現象の解明に向けた解析技術の積極利用に貢献することが期待される。

1 / 1912345...10...最後 »