前川製作所 技術研究所 R&D CENTER

ニュース news

TOP>ニュース

ニュース

2013年05月31日

食品凍結のメカニズムを解明する”氷結晶観察法”が日本冷凍空調学会学術賞を受賞!

このたび、前川製作所の研究開発の成果である凍結魚肉の氷結晶の観察法に関する論文発表が、日本冷凍空調学会「平成24年度学術賞」を受賞しましたのでご 報告します。本件は、食品の凍結中に形成される氷結晶が食品組織にどのような影響を与えるのかを解析・評価するための手段として活用されます。

 

受賞論文: 低温粘着フィルムを利用した凍結魚肉内氷結晶観察法

受賞者: 河野晋治・高橋朋子・篠崎聰

発表媒体: 日本冷凍空調学会論文集 Vol.29,No.1(2012) pp.53-58

 

技術内容: 食品を凍結する際に食品内部に氷結晶が形成されるが、その形状によっては食品に大きな影響を与え、ときには品質を劣化させてしまうことが知られている。従って、食品の凍結保管において氷結晶性状の観察・評価は重要な項目の一つである。しかし従来の凍結食品内の氷結晶観察法は、手法の煩雑さや前処理に長時間を要したりするなど問題点が多く、迅速かつ簡易的な手法が求められていた。 そこで前川製作所では医学病理学分野において開発されていた”低温粘着フィルム”の原理および特性に着目し、このフィルムを凍結食品内に形成された氷結晶観察のための標本作成に応用し、実際に冷凍マグロの赤身肉を用いて氷結晶観察を試み、また手法の評価を行った。

 

観察結果: 従来の観察法である”凍結置換法”と”低温粘着フィルム法”とで冷凍マグロの氷結晶観察を行い比較した。両者ともほぼ同等の氷結晶観察が可能であることが 判った。一方、観察に要する処理時間は、”凍結置換法”が2?4週間かかるところ、”低温粘着フィルム法”では20から30分程度に大幅短縮できることが 判った。 このように観察時間が大幅に短縮できること、また観察が容易になることで、一つの凍結サンプルから数十枚の連続切片の氷結晶観察が可能となり、3次元画像 に再構築することが出来る。さらに再構築3次元像から氷結晶部分のみを抽出することも可能となる。このように3次元画像が構築できることで急速凍結と通常凍結を行った際の氷結晶の立体的形状の違いが明確に判る。

 

まとめ・今後の展開: 本研究によって、食品の凍 結状態が迅速かつ容易に観察できる手法を確立することができた。これによって、凍結方法(例えば、連続式フリーザーやバッチ式フリーザーなどの方式)や凍結速度の違いが食品に及ぼす影響を容易に観察・評価することが可能となり、品質を考慮に入れた効率的凍結条件の提案等にも役立つ手法になると考えられる。

2013年03月29日

平成25年度、”イネファイター”の出荷始まる!

富士山麓の朝霧高原にあります前川製作所・植物工学研究所(静岡県富士宮市)では「植物共生細菌(エンドファイト)」を用いたプロバイオティクス資材の”イネファイター(※1)”の平成25年度の出荷を開始しました。

 

南北に国土の長い日本では温暖な気候の九州・沖縄を皮切りに3月の上旬より田植えが始まり、5月に各地でピークを迎え、6月中旬までの3ヶ月間が田植えシーズンとなります。これまで以上にイネファイターに興味を持って頂く農家さんが増えてきており、今年は九州の早場米で使うために昨年よりも1ヶ月近くも早い3月13日に初出荷となりました。通常はエンドファイトを始めとした有用微生物の研究開発をラボスケールで行っている植物工学研究所ですが、この時期だけは”イネファイター”の生産のために大型の培養装置を用いてフル稼働となります。

 

植物共生細菌の機能を病害虫抑制に活用しようと研究を始めておよそ10年。2010年11月にはNHKのクローズアップ現代で、「微生物とつながる農業」としてエンドファイトが取り上げられ広く認知されるようになりました。この新しい農業資材が日本全国の米作りの現場の活性化につながればと願いつつ、富士山の麓から出荷作業を行っております。

 

【イネファイターの施用時期・方法に関して】

田植えの数日前から一週間程度前にイネ育苗箱に散布します。

イネファイターの有効成分は生菌のため10℃以下の冷蔵で保管し、お手元に届いてから一ヶ月以内に使用することを推奨しています。

 

※1 ”イネファイター”は株式会社前川製作所の登録商標です。(商標登録第5416972号)

 

image001

2013年01月31日

2012年のイネファイター・エンドファイト関連記事の掲載情報

2012年1月から12月にかけて新聞・専門雑誌に掲載された前川製作所の”イネファイター(※1)”やエンドファイト(植物共生菌)研究開発の情報をお知らせします。

 

□2012年1月18日付け 山梨日日新聞 『コメ品質低下共生菌で抑制』

 

□2011年12月/2012年1月号(VOL44) (財)日本土壌協会 土づくりとエコ農業 『エンドファイトの多収栽培技術への応用』

 

□2012年2月号 ニューカントリー 『天然の細菌エンドファイトとの共生で水稲の免疫機能を活性化』

 

□2012年10月号 ニューカントリー 『共生菌を活用した環境負荷軽減栽培』

(共同研究先の北海道・JAびばい粟崎弘利氏の寄稿)

 

□2012年10月号 現代農業 特集記事『共生菌で、病気に強くなる、増収する』

・ イネにエンドファイトを使ってみた(宮城県および青森県の一般の農家の方の感想が寄稿されています)

・ ますます広がるエンドファイト米?北海道・JAびばい(共同研究先の北海道・JAびばい粟崎弘利氏の寄稿)

 

□2012年12月13日付け 化学工業日報 『農業用微生物資材を拡充』

 

※1 ”イネファイター”は前川製作所の登録商標です。(商標登録第5416972号)