前川製作所 技術研究所 R&D CENTER

研究開発紹介 Research and Development Introduction

TOP>研究開発紹介>エックス線画像解析技術 ~豚もも肉脱骨装置 ハムダス-RXへの適用~(1)

エックス線画像解析技術 ~豚もも肉脱骨装置 ハムダス-RXへの適用~(1)

1.はじめに

食肉加工工場では、手作業による解体加工が主流であり、人手に頼ってきています。肉の仕上げ品質を高いレベルに維持するため、熟練作業者が必要ですが、手首を始め身体に負担の掛かる長時間の脱骨作業や衛生面から作業場を低温環境下に保つことが要求されるため、作業者への負担が大きく、作業者の継続的な確保が難しい状況が続いています。こうした背景から、マエカワでは、熟練を要する人手依存型からの脱却と作業者の負担軽減、衛生面に配慮した低温環境下での加工ラインの実現を目指して、除骨ラインの自動化に取り組んできています。

鶏や豚といった食肉の脱骨作業の自動化は、対象である鶏肉や豚肉(以下、“ワーク”と呼びます)が個体毎に大きさ・形の異なる“不定形”であることと、機械部品のように堅くて変形しないものではなく“軟弱”であることから非常に難しく、ほとんど取り組まれてきませんでした。マエカワではこの難題に真っ向から取り組み、1990年代前半に鶏もも肉の脱骨装置「トリダス」の製品化に成功しました。

その後、豚もも肉の脱骨装置ハムダス-R(ハムダス-RXの前身となる機種)を製品化しました。こうした“不定形軟弱”なワークを取り扱えるようになった鍵となる技術の一つがセンシングです。センシングとはセンサなどを使って、様々な情報を計測し、数値化する技術です。 ハムダス-RXで使われているエックス線画像解析技術の説明をする前に、“不定形”なワークに対するセンシングの話からスタートしましょう。

ハムダス-R

図1 ハムダス-R(2009年 製品化)



次へ→